Q Quick Start – 投影設定(プロジェクタ)

図1 この記事で作成する投影設定

Qのプレゼンテーションファイルと投影環境は独立しているため、さまざまな環境に対応してプレゼンテーションを行うことができます。投影には、ディスプレイモニタ、プロジェクタ、その他の映像装置を利用できます。

ここで使用しているのは、直径40cmの発泡スチロール半球と、A3のスチレンボードから正方形を切り出した板と、プロジェクタ1台です。

まず、左端、上から2番目の投影設定ボタンを押します。

図2 投影設定画面への変更

何も投影ファイルを読み込んでいない場合は、デフォルトの環境が適用されています。
投影設定画面のうち、Aの領域は、スクリーンのリストが示されます。
Bの領域は、映像機器上のスクリーン配置がプレビュー表示されます。
Cの領域は、スクリーンや映像機器の詳細設定が示されます。

図3 投影設定画面

現在、スクリーンは3種類あります。
(1)ディスプレイモニタ用平面スクリーン(プロジェクターの台形補正を利用して平面に投影する場合にも用います)
(2)プロジェクタ用平面スクリーン(自由に配置した平面に投影する場合に用いる)
(3)プロジェクタ用球面スクリーン
どのスクリーンにも、球面と平面のコンテンツの双方が投影可能です。

投影設定のスクリーンのリストと、番組設定のコンテンツのリストは対応しています。
一番上のスクリーンに一番上のコンテンツ、二番目のスクリーンに二番目のコンテンツと、順に対応して投影されます。

この記事では、1台の映像機器(プロジェクタ)に、(2)のスクリーンを1つと(3)のスクリーンを2つ配置していきます。使用するのは(2)、(3)のスクリーンです。(1)については”Q Quick Start – 投影設定(ディスプレイモニタ)”でご紹介します。

2台までの映像機器に対応しています(3台以上の映像機器への対応はオプションとして開発中)。
使用する映像機器は、Windowsの「ディスプレイの設定」で、「1」と「2」に設定してください。プレビューの左側が「1」、右側が「2」に対応しています。映像機器が1台だけの環境で使用する場合は、左側のプレビューにスクリーンを設定してください。

投影に使用する映像機器が接続されていなくても設定はできますが、(2)と(3)のスクリーンを使用する場合は、最終的にプロジェクタで投影しながらスクリーンの位置調整が必要です。

左側の映像機器をクリックすると、Cの領域に、映像機器の縦横比の設定が表示されます。使用する映像機器と縦横比が同じになるように設定してください。
*16:9を、1920:1080と設定しても、比が同じなので問題ありません

図4 縦横比

デフォルトでは「1」の映像機器に2つのスクリーンが設定されているので、左端の削除のアイコンをクリックして、すべてのスクリーンを削除します。

図5 既定のスクリーンの削除

次に、映像機器「1」に(2)のスクリーンをひとつ追加します。
プレビュー上の映像機器「1」が選択された状態で、リストの「スクリーンセット」を右クリックして、平面のアイコンを左クリックします。
映像機器「2」の中央に、スクリーンが追加されます。これは(1)のスクリーンにあたります。設定のディスプレイマークをクリックすると、(2)のスクリーンになります。

図6 平面スクリーンの追加

図7 プロジェクタ用平面スクリーンへの変更

プレビュー上でスクリーンをドラッグして、位置を移動します。また、プレビュー上でマウスホイールを回転させて、大きさを調整します。Ctrlキーを押しながら操作すると、微調整できます。
ここではおおまかに設定すれば大丈夫です。細かい調整はプロジェクタを使用しながら行います。

図8 大きさと位置の調整

リストのスクリーンセットを右クリックして、球面のアイコンを左クリックします。
追加されるのは(3)のスクリーンです。(2)のスクリーン同様、位置と大きさを調整します。

図9 プロジェクタ用球面スクリーンの追加

図10 球面スクリーンの位置調整

いま、リスト上で、球面が上に、平面が下にあります。Q Quick Start -番組制作-で作ったプレゼンテーションを再生したいのですが、このプレゼンテーションでは宇宙飛行士の写真が上に、地球が下にあります。このままプレゼンテーションを投影すると、球面のスクリーンに宇宙飛行士の写真が、平面のスクリーンに地球が映し出されます。

地球を球面スクリーンに映すために、リストをマウスで並べ替えて、平面スクリーンが上に、球面スクリーンが下にくるようにします。

図11 並べ替える前のリスト(左:プレゼンテーション 右:スクリーン)

図12 並べ替え後のリスト(左:プレゼンテーション 右:スクリーン)

ここからはプロジェクタを接続して調整します。

プロジェクタを接続して起動したら、左端のキャストのアイコンを左クリックすると、プロジェクタの映像にプレビューが表示されます。

*プロジェクタは時間が経って温まると、投影サイズやピントが変わります。精密に調整する場合は、プロジェクタを起動後、温まるまで待ってから調整してください。

*プロジェクタの台形補正が自動になっていると、調整した位置からずれることがあります。オフにするか、手動にしておくことを推奨します。

図13 プロジェクタでのプレビュー

(2)の平面スクリーンを調整します。
まず、プレビュー上のドラッグとマウスホイールで、実際に投影したい領域にプレビューが収まるように(小さめに)調整します。
次に、プレビュー四隅の▲マークをマウスでドラッグして、投影したい領域の四隅と一致させます。Ctrlキーを押しながら操作すると、微調整できます。

図14 平面スクリーンの位置と大きさの調整

図15 平面スクリーンの四隅の調整

(3)の球面スクリーンを調整します。
プレビュー上のドラッグとマウスホイールで、実際に投影したい領域とプレビューが一致するように調整します。Ctrlキーを押しながら操作すると、微調整できます。
次に、Shiftキーを押しながらマウスホイールを回転させて、投影されている水平垂直の線が、平行に見えるように調整します。Ctrlキーを押しながら操作すると、微調整できます。

図16 位置と大きさの調整

図17 線の平行の調整(左:調整前 右:調整後)

Escキーを押すと、プロジェクタへのプレビューが終了します。

画面左上の「名前を付けて保存」から投影設定を保存してください。

“Q Quick Start – プレゼンテーション制作”で作ったプレゼンテーションを読み込んで再生すると、記事冒頭の図1のようになります。

Q Quick Start -投影設定(ディスプレイモニタ)

図1 この記事で作成する投影設定

Qのプレゼンテーションファイルと投影環境は独立しているため、さまざまな環境に対応してプレゼンテーションを行うことができます。投影には、ディスプレイモニタ、プロジェクタ、その他の映像装置を利用できます。

まず、左端、上から2番目の投影設定ボタンを押します。

図2 投影設定画面への変更

何も投影ファイルを読み込んでいない場合は、デフォルトの環境が適用されています。
投影設定画面のうち、Aの領域は、スクリーンのリストが示されます。
Bの領域は、映像機器上のスクリーン配置がプレビュー表示されます。
Cの領域は、スクリーンや映像機器の詳細設定が示されます。

図3 投影設定画面

現在、スクリーンは3種類あります。
(1)ディスプレイモニタ用平面スクリーン(プロジェクターの台形補正を利用して平面に投影する場合にも用います)
(2)プロジェクタ用平面スクリーン(自由に配置した平面に投影する場合に用いる)
(3)プロジェクタ用球面スクリーン
どのスクリーンにも、球面と平面のコンテンツの双方が投影可能です。

投影設定のスクリーンのリストと、番組設定のコンテンツのリストは対応しています。
一番上のスクリーンに一番上のコンテンツ、二番目のスクリーンに二番目のコンテンツと、順に対応して投影されます。

この記事では、2台の映像機器(ディスプレイモニタ)に、それぞれ1つのコンテンツを投影する設定を作っていきます。使用するのは(1)のスクリーンです。(2)、(3)については”Q Quick Start -投影設定(プロジェクタ)”でご紹介します。

2台までの映像機器に対応しています(3台以上の映像機器への対応はオプションとして開発中)。
使用する映像機器は、Windowsの「ディスプレイの設定」で、「1」か「2」に設定してください。プレビューの左側が「1」、右側が「2」に対応しています。映像機器が1台だけの環境で使用する場合は、左側のプレビューにスクリーンを設定してください。
(1)のスクリーンを設定する場合、投影に使用する映像機器が接続されていなくても設定できます。

左側の映像機器をクリックすると、Cの領域に、映像機器の縦横比の設定が表示されます。使用する映像機器と縦横比が同じになるように設定してください。
*16:9を、1920:1080と設定しても、比が同じなので問題ありません

図4 縦横比

デフォルトでは「1」の映像機器に2つのスクリーンが設定されているので、ひとつを削除します。リストから1つのスクリーンを右クリックして、削除のアイコンをクリックします。

図5 スクリーンの削除

位置は映像機器の中央が(0,0)、大きさは映像機器の幅か高さの大きいほうを1とする相対値です。
数字を調整して、スクリーンの位置を映像機器の中央に、大きさを0.5に設定します。数字の上でマウスのホイールを回転させると数字を変更できます。数字の右のアイコンの上で回転させると微調整できます。

図6 位置と大きさの調整

次に、映像機器「2」に(1)のスクリーンをひとつ追加します。
まず、プレビュー上の映像機器「1」をクリックして選択します。
次に、「スクリーンセット」を右クリックして、平面のアイコンを左クリックします。
映像機器「2」の中央に、大きさ0.5のスクリーンが追加されました。

以上で投影設定は完了です。画面左上の「名前を付けて保存」から投影設定を保存してください。

“Q Quick Start -プレゼンテーション制作”で作成したプレゼンテーションファイルを読み込み、再生ボタンを押すと、記事冒頭の画像(図1)のように、2つのディスプレイモニターにコンテンツがひとつずつ表示されます。

図7 スクリーンの追加

図8 スクリーン設定の完了

Q Quick Start – プレゼンテーション制作

このページでは、 Q を用いてプレゼンテーションを制作する操作について、簡単な例を用いて説明します。

記事中のスクリーンショットは最新バージョンと異なる場合があります。

図1 今回作成するプレゼンテーション

Q を起動すると、使用許諾への合意画面の次は、画像2のようになります。

Aの領域には、「シーン」のリストが表示されます。
1つのシーンでも十分にメッセージを届けられますし、複数のシーンでプレゼンテーションを構成することもできます。

Bの領域には、シーンに配置した「コンテンツ」のリストが表示されます。
コンテンツには、球や平面の画像などを配置することができます。
コンテンツのルートは「コンテンツ・セット」です。投影時には1つの「スクリーン・セット」に対してコンテンツ・セット1つ、「スクリーン」1つに対してコンテンツ1つが割り当てられます。

Cの領域には、シーン、コンテンツ、アニメーションなどの「オブジェクト」の設定が表示されます。設定を変更することで、シーンを魅力的に仕上げていくことができます。

Dの領域には、「アニメーション」のリストが表示されます。
コンテンツに対して、時系列にアニメーションを設定できます。

Eの領域には、選んだコンテンツまたはコンテンツ・セットの全体像がプレビューされます。

画面左端のサイドメニューは、上から「再生」「投影設定」「プレゼンテーション作成」、下から「アプリケーション終了」「編集環境設定(現在は使用許諾および利用規約と、依存関係のライセンスの表示のみ)」です。

画像2 画面領域

今回は、NASAのケネディ宇宙センター(以下、KSC)から打ち上げられたアポロ11号が月面に着陸したことを紹介するプレゼンテーションを作成していきます。地球上のKSCの位置を示し、月と、月面の宇宙飛行士の画像を表示します。
*記事中のNASAの各画像をご使用の際は、ご自身で用途に応じた使用許諾をご確認ください

画像3のように、コンテンツ・セットを右クリックすると、コピー、カット、削除のアイコンの下に、球と平面を表すアイコンが出てきます。球のアイコンをクリックすると、球が追加されます。

画像3 最初のコンテンツの追加

画像4のように、追加された球の設定画面が出てきます。上から2段目、一番左側の画像のアイコンをクリックすると、ファイルチューザーが出てくるので、球面にする画像を選択します。
画像は正距円筒図法(エクイレクタンギュラー)形式のものを使用することができます。
今回は、NASAが公開している、「Blue Marble Next Generation」から、「August 2004」を使わせていただきます。

!Qが扱える画像ファイルは、ファイルサイズ1MByte未満です!

画像5のように、プレビューが表示されます。このプレビューはマウスのドラッグで回転させることができます。 

画像4 球の設定

画像5 プレビュー

この球面の、KSCがある位置に、打ち上げられるアポロ11号の画像を載せたいと思います。

コンテンツのリストにある球面を右クリックして、画像の拡大縮小や切り抜きができ「シェイプ」を追加します。これに、NASAの記事からアポロ11号打ち上げの画像を使用させていただきます。

初期では正五角形の切り抜きになっています。設定領域の画像上でマウスホイールを回すと画像の大きさが調整できます。画像上でドラッグすると画像の位置が調整できます。

Wikipediaによると、KSCの位置は北緯28度31分 西経80度39分です。初期では度での入力となっていますので、一番左のアイコンを1回クリックして、度分での入力にします。数字の上と右側の微調整のアイコンの上でマウスのホイールを回して、緯度と経度を調整すると、指定した位置にシェイプが移動します。

図6 シェイプの追加

図7 シェイプの位置調整

次に、平面スクリーンに映すコンテンツを作っていきます。コンテンツ・セットを右クリックして、平面のアイコンをクリックすると、図5のように平面が追加されます。平面に設定する画像は、NASAのgalleryから、アームストロング船長が月面でオルドリン飛行士を撮影した写真を使用させていただきます。

画像8 平面の追加

画像9 平面への画像設定

次に、球面スクリーンに映す月のコンテンツを作ります。コンテンツ・セットを右クリックして球面を追加し、月面の画像を設定します。月面の画像は、NASA’s Scientific Visualization Studioのものを使用させていただいています。

次にアニメーションを設定していきます。ここでは、次のようなアニメーションを作りたいと思います。
1.地球儀をKSCの位置が正面に来るように回転させる
2.アポロ11号打ち上げの画像がフェードインし、マウスがクリックされるまで待つ
3.月と月面での写真がフェードインし、マウスがクリックされるまで待つ
4.アプロ11号打ち上げの画像と月面での写真がフェードアウトする

アニメーションの領域は、画像10のようになっています。アニメーションは4段階なので、ルートのアニメーションオブジェクトを右クリックして「ピリオド」を4つ追加します。画像11のようになります。新しく追加したピリオドのうち、一番左をクリックしてアクティブにしておきます。

画像10 アニメーション領域

画像11 ピリオドの追加

画像12のように、地球のコンテンツを右クリックして、「Move To」をクリックします。画像13のように、アクティブなピリオドに、Move Toのアニメーションが追加されました。また、設定画面はMove Toのアニメーションを設定できるようになっています。

設定領域下から2番目が、目標とする座標を入力する場所です。KSCの位置(北緯28度31分 西経80度39分)に設定します。初期では度での入力となっていますので、左から二番目のアイコンを1回クリックして、度分での入力にします。

設定領域一番下の時間は、一回転あたりの時間で、Move Toのアニメーションの実行時間とは異なることに注意してください。

画像12 アニメーションの追加

画像13 追加されたアニメーションの表示

画像14 目標座標の設定

同じように、2番目のピリオドをアクティブにして、アポロ11号打ち上げのシェイプを右クリックして「Fade In」を追加し、3番目のピリオドをアクティブにして、月面の飛行士の平面を右クリックして「Fade In」を追加します。4番目のピリオドをアクティブにしたら、アポロ11号打ち上げのシェイプの「Fade Out」と、月面の飛行士の平面の「Fade Out」を追加します。

2番目のピリオドをクリックして、画像15のように設定画面の一番上の段のアイコンをクリックすると、ピリオドに✓マークが付き、プレゼンテーションにおいて、このピリオドは指示されるまで待機するようになります。指示は「→矢印キー」です。アニメーションの領域でも、2番目のピリオドに✓マークが追加されています。3番目のピリオドも同様に設定します。

ピリオドに表示されているのは、再生時の秒数の目安です。Move Toなど、投影するときまで所要時間がわからないアニメーションを持つ場合や、指示待ちのピリオドや、アニメーションを持たない空のピリオドを持つ場合などは、目安の秒数と実際の秒数には差異が出ます。あくまで目安としてご利用ください。

画像15 クリック待ち

図16 クリック待ち

画像16のように「プレゼンテーションの作成」の段の保存アイコンからプレゼンテーションを、名前を付けて保存できます。

画像17 プレゼンテーションファイルの保存

!再生ボタンを押す前に・・プレゼンテーションを中断する場合は「Escキー」です!

ここまでできたら、再生ボタンを押してみてください。スタートまで若干のタイムラグがありますが、記事冒頭の画像1のように、設定したアニメーションの通りに再生され、繰り返されます。

また、地球のコンテンツを一番上(”月面の宇宙飛行士”の上)にすると、再生中、地球の回転アニメーションがかかっていない間は、マウス、タッチパッド、トラックボールで地球を回転させることができますが、この仕様は暫定的なものであり、近い将来に大幅に変更される見込みですので、使用の際はご注意下さい。