プラネタリウム100周年

1923年10月21日、ドイツ博物館で”プラネタリウム”が関係者に試験公開されました。2023年10月21日に、プラネタリウムは100周年を迎えました

プラネタリウムで星空を眺めていると、地球や宇宙が自分と直接関わっていることを感じます。プラネタリウムでは自然に宇宙視点を得るので、宇宙の広大な空間や悠久の歴史と、今や自分とがつながるのです。

宇宙視点の提供を目的としている、Tamayuruは、プラネタリウム100周年を記念して、Qの機能拡張を、先行&無料提供いたします。

科学館、博物館、美術館、研究所の一般公開、学園祭や授業等、幅広くご活用ください。

  1. 提供する機能拡張:高フレームレート(マルチコアCPUを活用することで、より滑らかにアニメーションを描画します)
  2. 対象期間:2023年10月21日から2024年3月31日まで
    • 提供する機能拡張の有効期間は2週間です
    • ご連絡いただいてから発行まで最大2週間を要します
    • 試用、準備、リハーサル等での複数期間/長期間のご利用は応相談
  3. キャンペーン対象:科学館、博物館、美術館、研究所や学校等で、宇宙、地球、科学の話等をされる、またはそのコンテンツ等に関わる方で、実際にご使用の可能性がある方や、宇宙や地球のプレゼンテーション制作/展示に興味がある一般の方
  4. 申し込み方法:こちらのフォームから、英語または日本語でご連絡ください。